カードローンを周りにばれたくないのだけど

みなさんはお金が無いときにどんな手段をとりますか?人によって様々だと思うのですが、大きく分けると知り合いから借りる、両親から借りる、他人から借りるとそこを思いつくと思います。そしてその次のキャッシングやカードローンなどの方法を思いうけベル方が多いのではないでしょうか?ただ、親戚や親にお金を貸してというのは非常に言いづらいものもありますし、友人にお金を借りるなんてなんてゆううわさを流されるかも分かりませんよね。キャッシングカードローンなども申し込みは何故少ないのでしょうか?

 

その理由はキャッシングをしたら家族や知り合いにばれてしまうのでそんな風に見られたくないと周囲の目を気にして申し込まないということをお聞ききしました。申込用紙や契約書なんか自宅に届いたときにあけられたら怒られそう、ドラマみたいに催促の電話が自宅や職場に来たらそれこそ自分の信用ががた落ちだなんて思っている人が多いのです。そりゃそんな事されてまでローンを申し込む気に離れませんよね。

 

今の時代そういったことは一切ございませんのでご安心ください。むしろキャッシングやカードローンなどは人にあまり知られたくないという利用者の方の心理状況に配慮したサービスが多いのです。例えば契約書類も郵送で送る方法にも封筒にはキャッシングサービスと分からないように、シンプルな封筒で、届きます。もしくは自宅にそのままその書類を届けるのではなく、WEBで明細が確認できるようになっています。

 

来店しない代わりに書類を自宅に郵送される方がほとんどなので、本当に万全対策を打ちたいなら面倒でも来店し書類を貰ってすぐ変えるのがいいかもしれません。また申し込み後の審査なのですが、審査は職場への在籍確認で職場にキャッシングをしていることがバレると嫌という心配をしている方も多いと思いますのですがあくまで貴方様が職場に在籍しているかを確認するだけなので、キャッシングやカードローンの電話と分からないように個人名を使いとても気を使って電話してくるような配慮がされている会社が多いです。

 

その後本人である貴方様に繋がれば、本人確認取れ次第、在籍確認が終了という伝達を頂きますので全然心配するようなことはありません。昔だったら配慮無しに電話をかけるという事があったようですが、不景気ですのでそういった配慮をしないとローン会社も儲かりません。本人が出られない場合も、在籍が何らかの形で確認できたら問い合わせ内容は個人情報になりますので伝わりません。一番気をつけなければいけないところはそこではありません。無事融資を受けた後の返済です。

 

もちろん明細などは自宅に届かないようWEB明細でOKですが、それ以外に支払い遅延を起こさないように気をつけることです。最初の支払い遅滞は葉書で来ます。もちろんこれもキャッシングなどとサービス内容が分かる名目では届きませんがあまりに長期で支払いが滞ると、自宅に電話が掛かってくる場合があります。ご家族にそのときにばれてしまう可能性もあります。

 

支払い遅延が一番気をつけなければならないポイントです。こういった面は自業自得です。きちんと遅れずに返せるように計画的に借りましょう。ギャンブルやお酒、ブランドにはまったりしなくても急な出費でどうしても財布がピンチになることは結構な人が体験していると思います。そういったときに借りて安心して支払いを忘れてしまって、それがご家族にばれてしまったということがありませんようにご注意さえしていただければ、今の時代のカードローン会社やキャッシングの会社は最大限の配慮をしているところが多いので、少し借りてさっと返してしまえば大きな問題になることはありません。